アーカイブス(作品)

夏の新芽(川岸 直貴)

初夏にしびれる百合の指さき
甘いにおいが漂う以外
こころの庭には差さない光
あなたがいないと食事も苦い

白いカーブを描いてしなり
美しい腕に抱かれていたい
香りゆくまま揺らめく未来
談笑、鮮やかに変わる味蕾

海を渡りゆくかもめのように
自由になれたら美しいだろう
山を越えゆく鳶のように
強くあれたら迷わないだろう

わたしが愛する世界のすべて
汚いところも理不尽も含めて
背筋を伸ばして生きれるように
あなたに会えたら一緒に笑おう


解説

夏と恋をテーマにした詩歌。
自然に読めて、素朴純心なものを目指した。

詩歌律格として、押韻定型詩を採用した。

起承転結の姿が見えるように、四行四連の構成。
押韻脚の構成は、 aaaa / aaaa / bcbc / ddbc 。
bcの押韻を単純化させる代わりに、四連目の反復律の結びとした。

音数は、8・8律を採用した。

以下、脚韻箇所の解説。

初夏にしびれる百合の指さき(uiai)
甘いにおいが漂う以外(iai)
こころの庭には差さない(iai)
あなたがいないと食事も苦い(iai)

白いカーブを描いてしなり(iai)
美しい腕に抱かれていたい(iai)
香りゆくまま揺らめく未来(iai)
談笑、鮮やかに変わる味蕾(iai)

海を渡りゆくかもめのように(oui)
自由になれたら美しいだろう(aou)
山を越えゆく鳶のように(oui)
強くあれたら迷わないだろう(aou)

わたしが愛する世界のすべて(uee)
汚いところも理不尽も含めて(uuee)
背筋を伸ばして生きれるように(oui)
あなたに会えたら一緒に笑おう(aaou)

夏風(川岸 直貴)

大山は清く冷たく澄んでいる
藪に栗鼠が笑い、山では鳶が飛ぶ
麓ではひとが居を構え休んでいる

弧状の海岸では孤独を問い直す
人があり水をすくいながら西を見やる
そうして天に手を合わせ「ありがとう

若者は恋を語り、人生の岐路に立つ
手紙を抱えて窓辺へと
乗り出して物思いに耽る白い春

そうして幾度となく春が倒れても
また夏が椰子のように伸びて秋は
乾いた風で冬を招く「おめでとう

私はピアノを弾く以外に取り柄なしな
冷たく皺が寄った指先を重ねて

私はピアノを弾く以外に取り柄なしな
冷たく皺が寄った指先を重ねて
木椅子で本を読んだ、夏の陰翳礼讃


*テルツァ・リーマ(三韻詩法)… 脚韻構成 aba / bcb / cdc / ded / efe

球根・波の女(川岸 直貴)

幽冥の揺らめきの輝きのうみに
膿み出るせせらぎの波の淡いに
きらめくすはだのおんなの頸の
しろさとそのいちずな静けさよ
指にゆらりからまる悠久はゆめ
しなる肢体に皺がなみなみゆれ
なみたちひらめき脈を刻みつけ
ヒラメの広さの背はほどけぬ糸
めいめい月かげぬれてぬわれて
ありあり吐息のとろけたほてり
にしめやかに緩慢な動作で男は
触れあわいに抱合うささやかな
肉体のはげしいはずみに恥らい
時間のなだらかな芽出るめまい
懊悩へ丘陵は紺碧に鳴動し胎動
下り尽きゆくねつは月へと浮き
慄えるやみの波の静けさに歸る

白鳥の卵(川岸 直貴)

白き翼を陽に広げ
水をはじきて川にふる
いづこより君は来たりやと
問へど束の間、北へゆく

青を仰ぎてよろめきぬ
絹いとのごとく柔らかなる
翼のたわめき、温かなる
冬の陽射しに輝きて

卵を見しためしにあらず
君の言の葉もえ聞かで
何百何千、渡りゆく
雪降る季節のらうたさぞ

小夜ふけるころ夢見つつ
着水の音のまぼろしに
驚きて川辺見回すほどに
君のすがたをまたゆかし


(現代語版)

白い翼を陽に広げ
水を弾いて川で過ごす
どこからあなたは来たのかと
問うけどいつしか北へ立つ

青を仰いでよろめいた
絹いとのように柔らかい
翼のたわめき、温かい
冬の陽射しに輝いて

卵を見たことなどなくて
あなたの言葉も聞けなくて
何百と何千と渡りゆく
雪降る季節の愛しさだ

小夜ふけるころ夢見つつ
着水の音のまぼろしに
起きて川辺を見回すほどに
あなたの姿をまた見たい

(中文版)

天鵝的蛋

將白色的翅膀伸向太陽
玩水,渡河
你從哪里來?
問,但你會去北方

我抬頭看著藍色
柔軟如絲線
拍翅膀,溫暖
閃耀著冬日的陽光

我從未見過一個雞蛋
我聽不到你的話
成千上萬,你飛
這是下雪季節的愛情

一邊做夢一邊睡覺
我聽到你著水的幻覺
起床,環顧四周河邊
我想再見到你

言語機能における空四面体モデル(著者:鈴木亙)

故鈴木亙先生の「言語機能における空四面体モデル」(2000年3月、愛知女子短期大学紀要」)をここに紹介します。この理論は、通称「カラシメンタイ理論」と呼ばれる鈴木言語学の代表的な論文です。今回は先生の業績を広く知っていただく意味で、遺族の方から了承を得てここに掲載するものです。

http://hyobunken.xyz/wp-content/uploads/2019/04/空四面体理論-1-1.pdf

雪国の黙示録、ソネット(執筆者:太田昌孝)

 雪国の黙示録  

       Ⅰ

越後から三田の丘へ上った詩人の妖術は
アマリリスではなく水仙の園で拾ったものだ
魚沼の蔵で眠り
蓮の茎の横笛が誘う雪国の黙示録
何も知らない村人はその旋律に額を捧げる
雪割草に宿るヒヨドリの肺の温みを夢見て

       Ⅱ

生え初めるクレソンの苦悩
沢の白い水に羞じらう女神の鎖骨に宿る
背徳の言葉たち
「そもそもの始まりは炎の揺めき。
信託から解き放たれるための祈り。」

       Ⅲ

記憶がなかった頃の昔
虎魚の醜さに苦笑した山の神
やがて川を下り千谷の里に
豊穣な稲をもたらすフォークロア
倒れかかる八海の壁に木霊する恍惚に導かれ
詩人は幻影を胸の銅版に刻む
蓴菜の葉脈を数えながら……

 ソネット

ラジオのノイズの向こうに雨が降っている
区切られた音の間にあの頃の匂い
爽やかな悲しみは青く底光りして
老いた額に語りかける

茶色い駅舎に砕けた火花
明日を問うこともなく 
野火止の水は走る
僕らの悔いを携えて

白い肩の娘の息遣い
クヌギの林に踏み迷うスニーカー
三宝寺池の鴨の嘴が射ぬく漆黒の瞳

もう眠らねばならない
逝いた友の微笑みに
一輪のヒメジオンを手向けながら

シュールなかたち(執筆者:加藤孝男)

「まひる野」2019・3

先日亡くなった宇宙物理学者のホーキングは、宇宙の成り立ちをブラックホール理論で説明していた。それゆえ、宇宙は神がつくったという教会の説を否定したのであった。そんなホーキング博士が、ウエストミンスター寺院に眠る。かのアイザックニュートンの墓の近くであるという。

私は、このウエストミンスターのミサに一度だけ潜り込んだことがあった。日曜の礼拝であるが、厳粛なもので、この時だけは拝観料は無料となる。こうした異国の宗教空間というものは、不思議な味わいがある。神というものが、そこにいるかのように感じるのである。ミサの途中、前から手渡しで回されてくるものが、私の心をさらにナイーブにさせた。それは寄付のための大きながま口(財布)であったのである。

ウエストミンスターとニュートン、そしてホーキング。意外な場所に意外な人物の墓という意味で、シュールレアリスムがいうデペイズマン。すなわち、シュールな世界である。

田村ふみ乃『ティーバッグの雨』抄

田村ふみ乃『ティーバッグの雨』 2018.4 短歌研究社

<ラ>が強く男の舌に弾かれてラベンダーの香の色濃くたてり

 人間が舌で弾くもの。とくに男女の間にあっては、さまざまなものが対象になる。この歌はその一つとして音の「ラ」をあげているのだろう。その花の紫と安らかな香りに濃く染まったラベンダーの「ラ」。

2018,5,15 読売新聞 長谷川櫂の詩歌コラム「四季」に掲載

照りつける西日の舗道に動かざるムカデが地表の紋章となる

飴細工 琥珀の熱を黄金の尾びれに変えておよぐ晩夏を

このへんに顔があったと濡れながら父の柩に傘かざす母

ヒゲのなきガラスの猫に凍(し)むる光(かげ)夜すがら瑕を浄めんとせり

溢れたる目薬拭い去りしのち喉(のみど)に苦しひとつ春の嘘

あいまいな別れの理由そのままに君と酔いたる悪王子町(あくおうじちょう)

マンゴーの切断面ぞ美しきペティナイフが満月を裂く

巻き貝の螺旋の尖(さき)のその先を辿れずふたりの夏を逝かしむ

加藤孝男著『曼荼羅華の雨』抄

書肆侃侃房、2017年9月

 

      銀河詩片

      *

この澄んだ地球の外にあるといふ耳のごとくに開いた宇宙

      *

ハナミズキ巻けるしら花ひとひらのその渦のなか銀河はひかる

      *

たましひは転調をなしすべりゆく銀河に満ちる時間のなかを

      *

ハップルズ望遠鏡の映し出す蒼きうなじのごとき星々

      *

群青の水の球体浮かびゐてその網膜にひとら諍(いさか)ふ

      *

倒木の根もとに生ふるひかり苔そこより宇宙は縦横無尽

      *

その昔月に刺さりし宇宙船墓標となりて今宵満月

      *

植物の胚珠のうちの空(くう)にして紺にひろがる宇宙を映す

      *

銀河より晩夏の雨は地にそそぐ夏の愁ひを浄めるごとく

      *

アンドロメダ大星雲との衝突も四十億年の後にして夢

      *

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-4-1024x576.png です
「読売新聞」2017年9月24日

歌集「曼荼羅華の雨」の批評は、東郷雄二氏(京都大学名誉教授)が、短歌批評サイト「橄欖追放」で、丁寧に論じて下さっています。そのサイトは、以下です。

http://petalismos.net/tag/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%AD%9D%E7%94%B7

「週刊新潮」、俵万智さんの連載です。

カラシニコフの雨(執筆者:久納美輝)

明け方の永代橋からの風景。隅田川のほとりにタワーマンションが建ち並ぶ

気前よく一万円(いちまん)出だし去つてゆく歌人(うたびと)のみを先輩(ぱひせん)と呼ぶ

遠くある豊洲の光まぶしかり永代橋に風そよぐかな

秋の夜にしんしんと染む頭皮より背骨にかけてすべりゆく魚(いを)

鋭き風を防がむとして黒眼鏡掛く茅場町の番長ありき

門前仲町の姐に会はまし馬の尾をふんふんと振る田口綾子に

両腕の柔毛逆立つかまいたち通りすがりに剃つてくれぬか

苦しくも喉(のみど)にせまり来るものをカラシニコフの雨とおもへり

盛り塩に小指をつけて舐めむとす女を支えこを如何せむ

(まひる野2019年2月号を修正したものです)