2020年 10月 の投稿一覧

東風(執筆者:久納美輝)

晩から晩まで打ちに打たれてたん/たか/たんをあおれば響きを対子(トイツ)とおもふ

ハコテンに泣きぬれし夜に爪ながきわが身十指の点棒を研ぐ

捨て牌を悩めるうちに夏の過ぎ木枯らしの吹くひとりのオーラス

切つ先のまるきナイフで縊りたる鶏はしずかにチーと啼くなり

昨夜(きそ)までの四半世紀をまつさらに変へむと白(ハク)の牌ばかり待つ

一、五、十、百のじやらじやらなる財布 煙草を買ひて国士をツモる

ハイウェイに右手を出して掴み取る東風にある自風の東(トン)を

読み終へし本を閉づればその風に捲られて飛ぶ公園の鳩

烈日の晩夏を歩く背は暑くすれちがふ風に腕(かいな)は涼し

 名鉄岐阜行きの急行を待つてゐた
カーブからスカーレットが弧を描き少し遅れて風吹き荒ぶ

ドゥルーズを理解するためのメモ(執筆者:久納美輝)

おぼろげメモ①

ドゥルーズの哲学は、ベルグソンの唱えた「記憶が凝固したものが物質、物質の弛緩したものが記憶である」という一元論に強く影響を受けている。あらゆるものが、「心と体」、「精神と物質」のように二分化(2つに分けること)できるものではなく、常にウイルスのようなものが、なにかをかたどったり、またバラけたりする。その運動を時間のなかで考えたのが、ドゥルーズである。

おぼろげメモ②

ドゥルーズはヒュームの影響も受けている。ヒュームは因果関係や、実体の考える観念の客観性を徹底に否定した。自己も理性もあるにはあるが、それはAはBであるというような絶対的なものではない。なにかがなにかに触発されて起こる一形態に過ぎない。物事に同一性などなく、つねに、AはBであり、Cであり、Dであるという、andで構成されている。情念や理性は、近親者や仲間に対するかたよりであり、それをどう広げてやるかが、ヒュームが考えた問題であった。(このかたよりを開放してやるのが、想像力である。)

ドゥルーズは、A and Bの中間でものを考えた。つまり、AとBの中間でありながら、同時に外部である視点で思考したのである。ドゥルーズはヒュームを「民衆的で科学的な哲学」といった。民衆的であるというのは単に、わかりやすい、大衆的であるということでなく、道徳や制度に縛られた思考を、自由にしているということである。ドゥルーズは、理性の内面性と、観念の否定性の外に出ようとしていた。

また、スピノザの「実体は神だけがもち、人間は神の様態である」という哲学にも影響を受けている。スピノザはあらゆる個体が、微粒子でできているとかんがえる。個体は、微粒子の運動と静止、速さと遅さで決定され、もう一つの個体に触発した/される力で決定される。このような微粒子とその触発からなる身体を「器官なき身体」と呼ぶ。

読書ぎらい その1(執筆者:久納美輝)

短歌結社に入ってしまってから、どうしても周りの人に言えないことがある。それは僕は本を読まない人で、特に歌集は最初から最後まで読み通したものは人生で十冊ぐらいで、なにもものを知らないということである。

世間はコロナで自粛だというのに、僕は本を読まない。読めば学びになるのだし、少なくとも自分の感性が豊かになるのは間違いない(文学者は、「感性が豊かになる」ことを前提としていなければ立ちどころに存在意義を失ってしまう)。

思い返せば、昔からエッセイばかり読んでいた。僕が最も本を読んでいたのは高校生の頃だった。つまらない授業中は、中島らものエッセイなんかを読んで、暇を潰していた。決して秀才ではなかったけど、授業の内容は黒板さえ見ていればわかるし、なにかひとつのことに集中するのは昔から苦手だ。僕の読書体験は単なる「暇つぶし」や「人生からの逃げ」から始まり、今は「義務」になった。

僕は妄想のなかに生きてきたんだとおもう。自分は感受性が豊かで、人よりものを知っている。そうおもいたいがために、いまは本を読もうとしている。くだらない。僕は読書嫌いじゃない。ただ、今は本を読むのが嫌いだ。

会社で出世を目指すのと同じように、文学界で出世を目指す。そうあらねばならないと固く信じているところがある。誰に頼まれたわけでもないのに。本当は、もっと楽しみたいのだけれど、変なプライドがある。俺はかしこいんだぞ。というプライドが。それで、会う人会う人に、それとなく読書量を聞く。人よりかはいままでは読んできたんだなと、ふとおもい、自分の話をかぶせる。読まない本ばかりがアマゾンから届く。

なにかのために本を読んだり、ものを書いたり。もうそういうことはやめてみませんか。もっと素直に楽な方に。読んだり、読まなかったり。そんないい加減なものでいいとおもう。いまはなにも読みたくない。

短歌10首 たましひを焚く(執筆者:久納美輝)

植ゑ込みに暇人四人(よたり)が凭れるをカフェゆ眺めて指先に撃つ

青々とまつすぐ立てりひと日ごとにたましひを焚く蝉の鳴く木は

五月雨の夜に大きく手を広げ「もう死ぬわ」つて蛙が死せり

コロナ禍に大雨も降り短冊の重みに笹はしなつてしなつて

急行を俺が俺がと急ぎ合ふ誰も俺らのゆくへ知らずも

君の手を握らば糸を引きさうな両手をズボンにしまつて歩く

窓を打つ雨音聴きてさらさらと砂糖をそそぐ感じに眠らむ

バニラの香漂ふ古書を夜ひらくこそばゆき鼻の頭を掻きつつ

長雨の紫陽花の花序のきみどりを広野とおもふ蟻の駆ければ

うつしみの柔きわが身を湖に写さば腐(くた)してゆくゆふまぐれ