この頃の私はあまり詩や短歌の創作に熱を入れなくなってきた。自分は歌人の知り合いはあまりいないが、Twitterなどを見ていると、短歌に対する熱気が強く、作歌については彼らにまかせておけばいいのではないかと思い始めている。

嫉妬心や劣等感が掻き立てられるからだろうか。否。彼らと自分が比べられるのは一向にかまわないのだが、自分の歌を詠みたいという気持ちはどこから来るのか。その源泉をたどりたいと考えているからである。今、書いている小説が終わったらなにかの研究をしようと思う。前衛短歌か、モダニズムあたりに興味があるので、まずは黒衣の短果史でも読もうかと思う。

今日は吉田敦美『CLOUD』が家に謹呈された。ざっと通しで読んでみたが、とても装丁がスタイリッシュでかっこよく、その作風もシンプルな言葉で世相を詠む、装丁と同じくスタイリシュな作風に思えた。印象に残った歌を何首か引いておく。

 何でもない石ころ拾ってくれる幼 あげることだけがただうれしくて

 歌はみんな似たようなもの評論をお書きなさいと小高賢言いき

歌には死んだ人を詠んだ別れの歌がいくつかあった。故人を詠むことで悲しい情念と決別しているのだろう。全体的に乾いていて執着しない感じがよかった。好みの歌集である。