三島由紀夫―剣道五段という虚妄―(執筆者:加藤孝男)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
佐藤秀明編『三島由紀夫スポーツ論集』(岩波文庫)

岩波文庫の一冊として、佐藤秀明編『三島由紀夫スポーツ論集』が刊行された。佐藤氏は三島由紀夫文学館の館長で、三島研究の第一人者である。

三島のスポーツ論集がこのような形で刊行されたことを心より喜びたい。私は著者から本の献呈を受けて、この本が刊行されたことを知ったが、すでに「三島由紀夫研究⑰」という雑誌で「三島由紀夫とスポーツ」という特集が組まれていた。むろんこれも佐藤氏らが仕掛けたことであった。

こうした三島とスポーツの関係が取り上げられるのは、2020年に迫る東京オリンピックを念頭においてのことであろう。文庫には代表論文である「太陽と鉄」などの他にも、三島の東京オリンピックの観戦記や、ボディビル、ボクシング、剣道といった三島が愛したスポーツについて触れられた文章が収録されている。

三島由紀夫といえば、小説、戯曲などがよく取り上げられるが、スポーツライターとしての側面は、忘れられてきた。佐藤氏もいうように、これまで我々はスポーツを活字で読むことに慣れている。佐藤氏の解説のなかには、三島のスポーツ観戦記を金メダルものだといった高橋源一郎の言葉なども引用されている。

さて、佐藤氏の解説を読んでいて驚いたことがあった。それは三島の剣道の実力を記した部分である。三島の剣道5段の実力というものを疑っている人たちを列挙しながら、佐藤氏は、私が先の雑誌に書いた「三島由紀夫の剣 ―〈文武両道〉から〈菊と刀〉へ」という論文を引用して、三島が剣道五段を「取得」したと私が書いた箇所に異を唱え、合格はしたが、それを取得していないという。

私の論旨は、戦後、剣道が人格形成をめざして行われてきたため、三島のような年長者が段審査を受験した場合、人格形成分が差し引かれ、最初から審査が甘くなることを指摘したのであった。むろん、私がこの論で言いたかったのは、その部分ではない。

ただ、これまで三島が剣道五段を取得したことを疑った文章など見たことがなかったのである。三島の剣道の師といわれる吉川正美なども「剣道五段 三島由紀夫」というエッセイを書いているほどである。

私は念のために佐藤氏にメールで、そのことを問い合わせた。すると、『決定版 三島由紀夫全集』の「年譜」に、そのような記述があるという。それを担当されたのは井上隆史氏で、井上氏はなんらかの裏をとっているはずだという。

全集を改めて見てみると、昭和43年8月11日に、「宇都宮で行われた剣道五段の試験を受け合格するが、登録はしなかった」と書いてある。このことに私は、あらためて衝撃を受けた。三島といえば、誰もが知る剣道の愛好者である。もし、五段が受かり、登録をしなかったなら、六段の審査を受けることはできない。

もうこの頃から、三島の念頭には、死への準備があったのかもしれない。その二年後には、自衛隊市ヶ谷駐屯地で、割腹自殺をしたことは有名である。この剣道五段に合格した時期は、三島が自衛隊への体験入隊を重ねていた時期にあたる。もうその時期から、引き返すことのできない行動への欲望が三島を支配していたことになる。

昭和43年8月に、五段の審査に合格したと言ったが、その年の10月には、ノーベル賞が発表され、川端康成が受賞している。何度もこの賞にノミネートされ、この賞が三島である可能性もあったはずだ。ところが、三島のなかには、そんな権威すらもうどうでもいいものになっていたのである。

その背後には、あらゆる権威や肩書きに対する深い懐疑があったのだろう。これは三島らしいといえる。三島はその小説の中でも、権威を創造し、その禁忌を破る登場人物を描いている。

その典型が、市ヶ谷への討ち入りの当日に編集者に手渡して完結したといわれる『豊饒の海』であった。

この『豊饒の海』というタイトルそのものも読者を裏切るに十分なものである。そこにはあたかも豊かな海があるかのように思えるが、豊饒の海とは月面にあるクレーターの一つである。そこには豊かな海どころか、空虚が充ち満ちているのである。

そうした虚無を晩年の三島は見つめつづけていた。この小説は主人公が生まれ変わりを果たすというドラマを書いたものだが、そのドラマを脇役である本多繁邦という人物が見届けるのである。

しかし、本物のようにみえた生まれ変わりの人物が、途中からまったくのでたらめであるということに、本多は気づきはじめる。いわば、大切につくってきた設定を物語が裏切るという三島独特の小説構成なのである。息を呑むよう な作品に 最後までつきあった読者は、最後に何もない、すべてが 忘却された世界に 連れて行かれる。

私はこんな三島の本質を見透かす眼というものを畏れながら、剣道だけは三島が生涯愛し続けてきた世界だと思ってきた。だが、じつは段位で飾られている剣道連盟の剣道など、もはや三島の眼中になかったのである。欲しいのは斬り合いの技術であり、真の実力であった。三島は、段位剣道というまやかしに、さっと後ろ足で砂を浴びせながら、平然として、五段に合格しましたと、世間に報告していたのであろう。

あらゆる虚妄を文学で引きはがしてきた三島の目に映っていたのは、スポーツとしての武道ではなく、マーシャル・アーツ(武道)と呼ばれる現実を変革する手段であったのかももしれない。そのことは三島の思想を考える上で、決して小さな事ではないはずだ。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 居合 より:

    三島由紀夫の居合道の動画がYouTubeに残っているのでご覧になられると良いと思います。

    https://youtu.be/xsmICsWbuMs

    正直に申し上げると、形骸化したといわれる現代においてさえ一級をあげられるかどうかといった腕前です。

    いくら、論文を集めて「剣豪」三島由紀夫の虚像を描こうと個人の自由ですが、動画を見てしまえば明白です。
    分不相応に段位を欲して、受審してしまう。どうしようもなく「段位」に振り回される、「人間」三島由紀夫なのです。

コメントを残す

*