梅雨を歩けば(執筆者:久納美輝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鼻先と股ぐらとあと太腿をあまねく赤く染めゆく炎(ほむら)

考える葦に油のしらじらと凝りてバッテン付けて採取す

傀儡子は傀儡人とは名乗らざり現代短歌作家と名乗らむ

躁鬱の景をあらわす赤と黒わが目に刺さる『ティーバッグの雨』

酔うために吾の呑む赤きぶどう酒を孝男は渋みぞうましと呑みけり

語るとき目尻の下がりモゴモゴと言葉を探す大学教授は

時事ばかり詠むようになり彼の視し銀河は過去にけぶりつつある

普遍的美学と俗を愛す吾のこころはリンクせずすれ違う

詠草に不幸匂えばその生を認めてその語と吾は向き合わず

傘ささず梅雨を歩けば髪濡らす雨粒すべてをエスプリと呼ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*