中城ふみ子 短歌解説その76(執筆者:田村ふみ乃)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無き筈の乳房いたむとかなしめる夜々もあやめはふくらみやまず 

1954年9月「短歌研究」 

癌に侵され、両方の乳房を切除したにもかかわらず、乳房があった時と変わらない、いたみを覚える。誰かを愛する切なさに「いたむ」のだ。作者の性の熱量は、あやめの生命力となって豊麗な胸をよみがえらせる。

作者は死を前にしても、その苦悶(くもん)の顏を歌に露骨にさらすことはぜず、夜々(よよ)とあやめの妖しげな色をもって、女の性を印象づけるかのようだ。

こんな手紙が残されている。ふみ子が亡くなる9日前まで、彼女の病室で約20日間過ごした若月彰が、帰京する車中で彼女に宛てたこの歌の改作案である。手紙が書かれた日時は、7月25日の夜8時30分となっており、「中城さん。今朝の話の続き」から始まっている。

手紙で若月が「何故甘いのか、考えてみました」と、いくつか指摘していることから、 おそらくふみ子は、若月が東京へ帰る日の朝、掲出歌をどこか甘い気がするなどと言って、彼にみせたのだろう。

例えば、2句目の「『と』」は説明過剰の気味があ」るや、「『かなしめる』に甘い原因があるのじゃないか」「観念的にしないで何んとか具体的な現実描写ができないものか」。そして「次のような訂正作は如何ですか」と、「無き筈の乳房痛みて 眼覚めたる」など提案している(柳原晶著『中城ふみ子論』)。

ふみ子が若月からの手紙を読んだかどうかはわからないが、結社誌「鴉族(あぞく)」の遺稿として、1954年9月に掲載されているのは、「無き筈の乳房いたむと覚めし夜ふるさとに亜麻の花咲き揃ふらし」。下の句も変わっているが、掲出歌のほうが詩的に洗練されているように思う。しかし、最後まで自らの技法をブラッシュアップしようとし続けた作者の姿が心をとらえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*