月光のワルツ(川岸 直貴)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

月の下であなたと
ふたり踊るワルツを
あすもきょうも忘れて
兎たちとお茶しよう

赤い口紅(ルージュ)で染めて
蝶の揺飾(フリル)を留めて
森の中は琴風弦(ヴァイオリン)が
鳴り響いて小鳥たちも歌う

Ru-tatta-Ru-tatta-
月の涙
Tu-chacha-Tu-chacha
帰り道はどこ

冷たい朝の空気を吸い込んで
罪も穢れも落としてゆく
こころに流れる朝を感じる
あなたの長衣(ローブ)の中で

乳白(ミルク)色の陶器を探しましょう
天蚕糸の髪を洗いましょう
夢の泉のほとりで
剣の舞いをしましょう

海月の表情は新月に変わる
満ちては欠ける道の途中
霧のあなたの幻想を見た
死体になった切株の上で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*