中城ふみ子 短歌解説その81(執筆者:田村ふみ乃)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

とりすがり哭(な)くべき骸(むくろ)もち給ふ妻てふ位置がただに羨(とも)しき

1951年11月「山脈(やまなみ)」

柩(ひつぎ)の夫にすがるようにして声をあげて哭くことができる妻という立場がうらやましいと、歌意はわかりやすい。そのぶん、この背景に何があるのかを知ると、面白さが増し、かなりインパクトがある。

「妻」は、大森卓の妻の千鶴子のことだ。大森が入院していた帯広協会病院で見習い看護師をし、彼の身の回りの世話をしていた。

ふみ子は、東京家政学院時代にクラスも寮も一緒だった親友の弥吉(やよし)文恵にこんな手紙を書いている。その日付は1951年1月10日。

「私とても、好きな人がゐるのです。同じ歌人の先輩で。肺病で寝たきりの人。奥さんもゐるの。でも一生その人だけ愛して行くでせう(略)愛するに價する才能と容姿と人格をもつてゐます」とある。

大森が千鶴子と結婚したのは、結婚前に付きあっていた丹野和子に似ていたからだという話もあるほど、彼はこの女性に惚れていた。

彼が超結社誌「山脈」を創刊すると、その記念歌会(1951年1月21日)が協会病院の講堂で開かれ、なんと大森みずからが丹野をこの会に誘っているのだ。そして歌会のあと、彼の病室でふみ子は丹野と鉢合わせしてしまう。その後も一悶着(ひともんちゃく)あり、結局、ふみ子のほうから別れるのだが、彼への未練が掲出歌にはありありと表れている。

だが、3人の女性のなかで一番つらい思いをしていたのは、この妻ではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*