短歌同人誌「くわしんふう」を読む② 佐巻理奈子さん part2(執筆者:久納美輝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

part1を読んでない方はこちらから。

http://hyobunken.xyz/?p=2532

 カブトムシみたいなローファーそのどれもしっくりこなくて素直になれぬ

前回に引き続き佐巻さんの歌の鑑賞。この歌も学生時代の歌だろうか。僕が学生だったころ男子生徒の靴は自由だった。女子はローファーも制服の一部であった気がする。スニーカーを履いているのを見た記憶があまりない。

ローファーを履いたことはないが、成人式のときに初めて革靴を選んだときのことを思い出す。初めての革靴は踵がぴったりあっても、爪先がブカブカで歩くたびにかぱかぱしたり、靴擦れによって踵を擦りむいたりしてしまった記憶がある。どうも革のものは足に合わない。というか、合うまでに時間を必要とする。革靴に足が馴染むまでの時間が成熟までに必要な時間なのかもしれない。

ローファーをフォーマル(社会)の象徴として読むと、制服という用意された型に自分を入れ込まなければ社会に出ていけない、しかし、型にむりやり合わせようとしてもしっくりこない。といったところだろうか。しかも、選ばなければいけないローファーはどれもカブトムシみたいな落ち着いた色をしていて、派手さやカジュアルさなどを表現したスニーカーを履くことなど許されていない。

なにかに合わせなければ成熟できない息苦しさを素直に受け入れられないのではないだろうか。

僕は足がとても小さく、なかなか足にあった革靴がない。革靴が嫌いなせいか妙にこの歌に共感してしまった。

次はできたら佐巻さんのエッセイの話もしたいです。あくまでできたら、、、。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*