ドゥルーズを理解するためのメモ(執筆者:久納美輝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おぼろげメモ①

ドゥルーズの哲学は、ベルグソンの唱えた「記憶が凝固したものが物質、物質の弛緩したものが記憶である」という一元論に強く影響を受けている。あらゆるものが、「心と体」、「精神と物質」のように二分化(2つに分けること)できるものではなく、常にウイルスのようなものが、なにかをかたどったり、またバラけたりする。その運動を時間のなかで考えたのが、ドゥルーズである。

おぼろげメモ②

ドゥルーズはヒュームの影響も受けている。ヒュームは因果関係や、実体の考える観念の客観性を徹底に否定した。自己も理性もあるにはあるが、それはAはBであるというような絶対的なものではない。なにかがなにかに触発されて起こる一形態に過ぎない。物事に同一性などなく、つねに、AはBであり、Cであり、Dであるという、andで構成されている。情念や理性は、近親者や仲間に対するかたよりであり、それをどう広げてやるかが、ヒュームが考えた問題であった。(このかたよりを開放してやるのが、想像力である。)

ドゥルーズは、A and Bの中間でものを考えた。つまり、AとBの中間でありながら、同時に外部である視点で思考したのである。ドゥルーズはヒュームを「民衆的で科学的な哲学」といった。民衆的であるというのは単に、わかりやすい、大衆的であるということでなく、道徳や制度に縛られた思考を、自由にしているということである。ドゥルーズは、理性の内面性と、観念の否定性の外に出ようとしていた。

また、スピノザの「実体は神だけがもち、人間は神の様態である」という哲学にも影響を受けている。スピノザはあらゆる個体が、微粒子でできているとかんがえる。個体は、微粒子の運動と静止、速さと遅さで決定され、もう一つの個体に触発した/される力で決定される。このような微粒子とその触発からなる身体を「器官なき身体」と呼ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*