#34「美味しんぼ」で料理を作る(執筆者:久納美輝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕は本当にめんどくさがり屋の性格で、休みになると晩飯にならなるまでご飯を食べなかったり、ひげをそらなかったり、歯を磨かなかったりする。物事の先延ばし癖がひどいのだ。

これらの行為は所詮、人に会わなかったら誰にも迷惑をかけないので、やらなくて良いのではと思っていたのだが、ご飯を食べないと原稿がはかどらず、2、3首詠んだだけでぐったり疲れてしまう。

また、最近、歯医者に行ったら、全32本の歯のうち、18本も虫歯になっていたので、いい加減きちんとしようと思った。なので、歯をきちんと磨いて、ちょっと背伸びして、自分で料理をしようとしている。

やる気がないわりには、こころざしだけは高く、今まで何度も料理を作ろうとして挫折してきた。というのも、料理番組に出てくるようなきちんとした料理がつくれないと、やる意味がないと思ってあきらめてしまうのだ。

そこで自分なりのモチベーションを保つために、「美味しんぼ」に出てくる料理を再現してみようと試みてみた。好きなことにはとことん没頭してしまう性格なので、いちど見たアニメのレシピは何となく覚えている。

今日は、ニンニクのスープを作った。これは本当に簡単で、刻んだニンニクを牛の脂身で炒めて、そこに適当な量のお湯を入れて、塩と胡椒、ごま油で味付けするだけで良い。物足りなければ、鶏がらスープの素を入れてみたり、乾燥わかめを入れると、より満足度が増すだろう。生のニンニクは刺激が強すぎて胃腸の負担になってしまうこともあるが、加熱すると、疲労回復の一助となる。自分は牛の脂身を用意するのがめんどくさかったので、オリーブオイルで代用した。

自分は鶏がらスープの元を入れなかったので、すごく薄味なスープとなったが、オリーブオイルを入れたせいか、なんだかコクが感じられる、優しい味わいとなった。

ちなみにこのメニューは「にんにくパワー」という回に出てくる。YouTubeに期間限定で公開されているのでぜひ見てほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*