中城ふみ子 短歌解説その72(執筆者:田村ふみ乃)

鷹の鋭(と)き爪感じつつ立ちをれば一つかみなるわが肩は冷ゆ 

1954年10月「新墾(にいはり)」

鷹(たか)の鋭い爪が、身に食い込む。「一つかみなる」の的確な把握で、自身の弱々しいさまを描きとり、今、まさに恐ろしいものに捕らわれている状態を「冷ゆ」と、五感で語る。

ふみ子が「新墾」に出したこの歌が掲載されるのは、彼女が亡くなったあとだった。極限状態にありながら、ベッドの上で鷹に襲われている自分の姿を俯瞰(ふかん)するような冷静な視点の構図に、作者の強靭な精神が表れており、読み手に悲痛な印象を与えない。

入院中の消灯後の静かな闇に、毎夜、繰り返される悪夢。それはいつか覚める夢などではなく、これこそが死へ向かっているものの現実の世界なのだ。

闇の沈黙にひろがる無限な空間で研ぎ澄まされてゆく感覚。それが「鷹の鋭き爪」という猛々しい比喩や、冷酷な死を思わせる「冷ゆ」という言葉を作者につかませた。

ふみ子が亡くなったのは1954年8月3日だが、6月下旬には、一時、危篤にまで陥っている。その時は何とか持ちなおし、死の直前まで歌を作ることをやめなかった。

いくつもの結社誌に関わり、その名を知らしめたふみ子が、初めて結社に入ったのは24歳の時、この「新墾」だった。掲出歌は「夜の掌」と題された7首の最後におかれ、「新墾」における遺稿の、その最後を飾る歌となった。

中城ふみ子 短歌解説その44(執筆者:田村ふみ乃)

夜ふけて涙ぐみつつ子に還すもろき手の爪のエナメルはがす 

1952年8月「新墾」

夜遅く帰ってきた作者。今は眠っている子供たちだが、何度か目を覚まし母を求めて泣いていたかもしれない。そんな淋しい思いをさせているかと思うと、涙がこぼれそうになる。エナメルは手の爪に塗ったマニキュアのこと。真っ赤な色をつけていたのだろう。それを落とし、自信のない母の姿に戻る。

1952年4月6日に、ふみ子は乳癌で左乳房を摘出する手術をはじめて受け、5月上旬に退院している。掲出歌が詠まれた時、長男の潔は9歳、長女の雪子は5歳だった。作者はふたりが寝静まった頃を見はからい、こっそり家を出て、付きあっていた7歳年下のダンス講師・木野村英之介と会ったり、一緒にダンスホールで踊ったりしていた。

木野村自身が「夜、十時半頃、ダンスホールから車で帰るのですが、彼女の家と私の家は約三キロメートル離れていたので、彼女を送って帰」ったと、回想する(小川太郎著『聞かせてよ愛の言葉を』)。この時間より遅くなることもあったはずだ。ふみ子はシングルマザーの孤独感や、病気や将来への不安感をこうして紛らわせていたのだろう。

母親としての責任感に疲労すればするほど、それを癒そうとまた女性としての欲望も強く湧きおこり、自身を苦しめる。しかし、それがふみ子の歌の源泉ともなっている。